あなたの症状に合ったお薬を選びましょう。

精神疾患のうつ病

うつ病の薬は、前もって知っておくことで、色々なメリットを知ることが出来ます。サプリの情報を知るために。

うつ病の薬の概要と変遷

現代の日本はストレス社会と言われています、学校や会社の中で様々な競争にさらされ、多くの重責やプレッシャーを感じながら日々を過ごしています。自分のキャパシティを超えた課題に取り組むことで精神的な成長が期待出来ますが、過度なキャパシティオーバーを迫られた際には精神の負担が限界を超えてしまい心を病んでしまいます。心の病気として現在の日本で大きな原因となっているのがうつ病です。気分が落ち込む、憂うつ、といった気分を抑うつと言います。重度の抑うつ症状が見られ、長期間にわたって抑うつ状態が続いている精神疾患がうつ病です。

新しい抗うつ剤ーNaSSa

うつ病患者は年々増加傾向にあります。うつ病になると、精神的な負担が大きくなります。何事にも取り組む意欲を失ってしまいます。それによって、やらなければならない仕事や勉強などに手がつかなくなり、社会生活から脱落してしまいます。それだけでなく、これまで楽しかったことや興味関心を抱いていたことに対しても、意欲を失います。何もする気が起きず、何をしても楽しくないという状態になります。限りある人生を楽しく過ごす上で、このような症状が出ると大きな損失になります。また、漠然とした不安や焦燥感を抱くようになります。症状が進行して不安感や焦燥感が大きくなり、絶望感に変換された際には自殺で命を落とすという最悪の結末を迎えることもあります。このような事にならないためにも、うつ病の治療を行う必要がります。治療薬を服薬することでうつ病を治療することが出来ます。

抗うつ剤はノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質を調整することによってうつ病を抑えるものが一般的です。ノルアドレナリン、セロトニンの量を増加させることで、精神を安定させることができます。 抗うつ剤には従来から三環形抗うつ剤、四環形抗うつ剤が用いられてきました。しかし、それらの薬はノルアドレナリン、セロトニン以外の神経伝達物質にも作用してしまうので、口渇・便秘・眠気などの副作用を引き起こす場合があります。これに対して近年開発されたSSRI,SNRIなどの薬はノルアドレナリン、セロトニン以外には作用しないので副作用が比較的少ないとされています。しかし、それらの薬は三環形抗うつ剤よりもうつ病に対する効果が弱いとされます。

NaSSaという薬が2009年から日本で使用することができるようになりました。SSRIやSNRIといった薬はノルアドレナリン、セロトニンがシナプスにおいて取り込まれる のを阻害することによってノルアドレナリン、セロトニンの量を増加させています。一方NaSSaは神経伝達物質の分泌量そのものを増やす効果があります。 SSRIやSNRIといった従来の薬はうつ病を抑える効果が発現するまでの期間が長く持続時間は短いですが、NaSSaは服用してから一週間以内に効果が表れ、2か月程はうつ病を抑える効果が持続します。しかもSSRIやSNRIによる下痢、嘔吐等の副作用がNaSSaでは見られません。しかしNaSSaにより傾眠、口渇、倦怠感等の副作用が起こる可能性があります。

TOPICS

手に乗った薬

様々なうつ病

うつ病と言っても、様々な種類のうつ病があります。自分がどのうつ病なのかを把握しておきましょう。脳内ホルモンの伝達が鈍くなってうつ病を引き起こすこともあります。そのような際には、伝達を促す薬を服用するとよいでしょう。

看護師

心と体の変化

早期発見がうつ病に大切です。うつ病になると、心と体にどのような変化が起きるかを知っておきましょう。そうすることで、自分や回りにいる人の異常を敏感に察知することが出来ます。症状が出た場合は服薬治療などを開始しましょう。

カウンセリング

服薬治療とは

抗うつ剤の服用でうつ病が完治する場合もありますが、原因によっては服薬治療ではない治療法が良い場合があります。服薬治療の必要がないのに薬を服用すると、副作用によって様々なデメリットが発生することになってしまいます。

悩む女性

焦らず気長に治療

うつ病の治療を行っている際に、治療に関するストレスをできるだけ軽減しましょう。コミュニケーションを取りやすい石であれば、服薬の量など不満な点を伝えることができます。治療が思う世に進まなくても自分を責めない事が大切です。