うつ病に効く薬

様々なうつ病

手に乗った薬

うつ病の薬は医師の指示通り服用する

うつの原因となるのが、性格や環境です。このようなうつを心因性うつ病、抑うつ神経症と呼ばれています。心因性うつ病には大きく分けて2つの種類があります。その一つが、気分障害です。それほど重症ではないが、抑うつ状態が長期間にわたって慢性化しているという書状がみられます。鬱状態だけで無く、躁状態、もしくは躁鬱状態でも経度で長期間続いていれば気分障害と言われます。抑うつ症状が重く、深刻化している場合は大うつ病性障害と言われています。自分の抑うつ状態がどのようなものかを把握しておきましょう。

治療が始まり良くなる段階

本人の内面に関することが問題で起きるうつ病を内因性うつ病といいます。内因性うつ病は、心の負担が解消されれば治療しなくても治癒することがありますが、ストレスといった原因が無いのにかかる場合もあります。その場合は、脳内ホルモンの伝達が弱まっていることが考えられます。脳内で興奮などを感じるノルアドレナリンや、多幸感を得るセロトニンといった脳内ホルモンの伝達が弱まることで抑うつ状態になります。抑うつ状態を抑える為、ノルアドレナリンの薬を服用するように指示されます。それによって症状の改善が見られます。うつと脳内ホルモンの因果関係は正確には分かっていませんが、セロトニンやノルアドレナリンに作用する薬で効果の改善が見られるため、関係があるとされています。この他にも様々な鬱に効果がある薬があります。自分の症状に合った薬を探しましょう。

うつ病の薬は、基本1種類の抗うつ薬になりますが、症状によっては、抗不安剤や睡眠安定剤が併用されます。抗不安剤は、精神安定剤になります。数週間から数年に渡って服用しなければなりません。途中で症状が良くなったからと止めてしまうと症状が戻ったり、後に再発する危険があるからです。しっかり医師の指示通りに服用する事が良いです。うつ病もそうですが、早期発見、早期治療が早く患者や周囲の方を安心させますので、少しでもうつ病の症状が出ていましたら家族や友人などの周囲の方の付き添いの元カウンセリングなど受けらる事が良いです。うつ病は家族や友人などの周囲の方の協力が必要になるからです。大切な方がうつ病になったら協力して治療されてください。

うつ病の薬を処方されて治療が開始されたら、徐々に回復に向かいます。 症状は、イライラしたり、憂鬱な気分になったり、何もやる気が起きなかったり、根気がなくなったり、最悪な場合は生き甲斐がなくなったり、自分の存在を否定したりするようになってきます。 症状の中でも軽い、イライラしたり、憂鬱な気分などから少しずつ改善していきます。 その為、長期治療になる場合があります。最後は生き甲斐が改善していき、楽しく明るく生活できるようになっていきます。 何かの原因がありうつ病になりますので、それらを消去していきながら薬と併用して治療していきます。うつ病かと心配になったり、周囲から勧められたりしたら病院や専門クリニックなどを受診してみましょう。その時は、誰か付き添っていただく事をお勧めします。早期発見が早く治療する事になり、早く自分を取り戻せる事になります。